【アニメ感想】ヱヴァンゲリヲン 新劇場版:破

【アニメ感想】ヱヴァンゲリヲン 新劇場版:破

新世紀エヴァンゲリオンをリメイクし、新しい作品として提供した「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」シリーズ2作目の本作。

今回は従来のエヴァとの変更点が前作の序とは比べ物にならないほど増加。新規カット満載のまったく別の作品としての形をついに成してきました。

まず最初は超美麗な映像がやはりポイントのひとつといえましょう。というのもおそらく国内トップクラスレベルのCG技術を駆使し、躍動感あふれるハイスピードな動きを実現。とても素晴らしいものに仕上がっています。映像で文句を言う人は間違いなくいないでしょう。

次にBGMや挿入歌などの音楽面ですが、挿入歌の「翼をください」がとにかくガチ。涙線に来ますww。あと歴代のBGMも健在でこちらも特に文句なし。

さてやはり今回肝のシナリオ面について。(※ネタばれ注意)

今回テレビ版と大きく変わったところ、細かく変わったところ色々ありますけども大きなポイントはこの3つ。

・新キャラクター、マリの存在

・参号機の搭乗者がアスカ

・成長したシンジ

今回は事前情報が序の時の予報しか情報がなかったわけですが、そうした理由が分かるほどの大改編。目新しい使徒が出てきたわけではないけども、上記のポイントの改編がシナリオに大きな変革を与えている。

まず新たなキャラクターである、マリの登場によって弐号機の立ち位置がTV版と大きく変化。ゼルエル戦で弐号機の隠された能力ビーストを駆使してみたりするのだが、あっさりやられてしまったりとまだいまいち謎が多いキャラ。

 

今後の展開次第とも言えるが、破以降の展開に特に大きな影響を及ぼすのは間違いないキャラ。シンジが今回異様にカッコイイ展開になる引き金もマリだろう。
順番が映画進行上と前後してしまうが、今回のバルディエル戦では、参号機にトウジではなくアスカが搭乗することになる。理由はアスカをストーリーに絡めるためということらしいのだが、その後の展開はTV版同様初号機暴走。最後のエントリープラグの場面はみな衝撃を受けると思う。

結果として今回はアスカがかなり悲運な役回りになったというわけですね。ただ、予告編を見てみると今後アスカが登場しないなどと言うことはにないみたいだが、実は二人目なんじゃないか?とかそういった憶測などが浮かぶ程度でこちらも今後次第の詳細不明。ただ部屋の小物に惣流って書いてあった気がするからもしかしたら…。

ただ、前半のほのぼのパートからのこの展開へのギャップへと繋がるのは衝撃が大きいものをなおさら大きくさせる効果的な見せ方だったと素直に感動。

ただやっぱり、今回最大の見せ場はシンジの成長。成長と言うより男前になったと言うべきかww。初号機を暴走させることなく、ゼルエルから綾波を助け出す最終シーンは感動もの。シンジの口から「来い!」なんていう男前なセリフが出るとは思わなかった。ここから残り二本でシンジの性格事態すら変わってくのじゃなかろうか。

今後どういった展開で進行していくか分からないが。庵野監督の誰もが楽しめるエンターテイメントに向けて着実に進行する物語。おそらくどんでん返しは何回か来ることだろうが、ついに後腐れ無く終わるエヴァが観れるかもしれないという期待は増えゆく。

そんなことから、総合評価は「とても良い」。素直に泣け、期待感が率直に沸く。原作と違うからとか言わずに一度見てみるいい。

にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村  
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村