【アニメ感想】鉄のラインバレル

【アニメ感想】鉄のラインバレル

正義の味方に憧れる主人公早瀬浩一が戦闘ロボットのマキナを操り、戦いを通してしだいに成長していくロボットアニメ。

まずはシナリオですが、テーマはずばり「正義の味方」。子供のころから浩一があこがれ続けた「正義の味方になりたい」という夢を、偶然ラインバレルのファクターに選ばれたことにより正義の味方となりうる力を手にしたことから物語が動き出していきます。

さて主人公早瀬浩一の性格がとても痛いということがここでポイント。ほかのアニメのように正義感の塊であったりするわけでなく、ある意味現実世界にいそうな人間であることに現実味をいい意味で感じることができました。原作の漫画版とは異なるシナリオで展開されたわけですが、ここが賛否両論になる分かれ道だと思います。アニメから入った人は前半のギャグあり、エロあり、という展開でイメージが出来上がるため割と面白く視聴できると思います。

しかし、原作の漫画版から入った人は原作が比較的まじめな感じで進行されるがゆえに、ギャグ部分やエロ部分に抵抗を感じるかもしれません。ちなみに自分は前者です。まぁその後ネタばれしてしまうので詳しくは書きませんが、ラインバレルを駆りながら成長を続ける浩一。最終的には完全に正義の味方として成長を遂げるわけですが、序盤のラインバレル不時着地点に浩一が建てた看板(?)「早瀬浩一ここに誕生す!」がラストに出てきたのはいい伏線だったと思います。また原作読み切りのラインバレルに浩一と城崎が出てきたのも遊び心があって良かったです。全体を通して、キャラに対する切り込みが少なかったのが残念ですが、一応全体としてはそれなりにしっかりまとめられたかと。

キャラクターは痛い子浩一をはじめ、濃い感じに仕上がっています。作画がアレですけど、キャラはおおむね良好といえるでしょう。アニメ版は特に石神を完全にギャグ担当にしたのはよかったです。序盤にワラワラ出てくることさえ乗り切ればキャラクター面では目立った問題はないでしょう。

んでCGを担当したGONZOですが、なかなかいい仕事をしていたと思います。使い回しは少ないですし、スピード感はかなりのもの。

個人的にかなり最後まで楽しめた作品。特にEDの楽曲は秀逸。王道的なラストではあるものの、その分ストレートに見ることができる作品といえるでしょう。決め台詞「あなた、最低です!」に従って、最低に…

嘘ですww。評価は「とても良い」です。見るならアニメ版からのほうが個人的にはお勧めです。