【PS2】ペルソナ4

【PS2】ペルソナ4

 

田舎に引っ越してきた主人公の周りに起こる連続殺人事件を、仲間たち特殊な力「ペルソナ」を用いて調査していくRPGゲーム。

基本的なゲームの進行は学生としての日常を過ごすことと、殺人事件解決のために各ダンジョンを攻略していくことの二つが主にメインとなる。前者の日常パートから触れていくと、笑えるイベントや逆にシリアスなイベントなど様々なイベントが目白押し。高校生として生活するため当然テスト前には勉強しなければならなかったり、バイトをすることや友人と親睦を深めるなどすることも可能なため、非常に自由度が高くリアリティがある。

各キャラとの親睦度(コミュ)を高めることによって、味方キャラのサポートが強化されたり、新しいペルソナを作成するときにペルソナが強化されるなどダンジョン攻略に反映される点は、日常パートを進める上でコミュ上昇意欲を良い意味で促進してくれている。しかし、いくら自由度が高くとも一年間ひたすら繰り返される日常パートに少々だるさは感じる。コミュ上昇のためには基本的に対象キャラと過ごせば良いわけだが、途中で表示される選択肢もどれを選んでも結果は基本的に同一であるため、コミュをMAXまで上げる作業が完全に機械作業となってしまうのが残念。選んだ選択肢によっては違う結末(たとえば嫌われたら逆にコミュが下がるとか)が待っているならば、もっと慎重に選択肢を選ぶようになり、マンネリ化を防ぐことができると思うので次回あたりに改善されると非常にうれしい。ただなぜかEDは選択肢によって変化する。

次にダンジョン攻略パートについて。こちらは敵との戦闘をメインとしたダンジョン攻略を行うパート。戦闘は序盤はクマ、中盤以降はりせとナビ役のものが一人、戦闘要員4人というのが基本形態。ナビ役の者がいるというのが、他のRPGにはあまり見られないシステムだがこれが素晴らしい。非常に分かりやすいし、単調になりがちなRPGの戦闘において良いアクセントになっていると思う。ただできれば戦闘要員でりせも使ってみたかったのが本音。ナビ役は主人公以外全員がなれる設定にして、能力によって差別化すればもっといいシステムになりそうな気がする。戦闘難易度は結構シビアで難しめ。まあ鬼畜ってほどではないですけどね。弱点を突くことによって、敵味方共にダウン。ダウン状態でもう一度弱点攻撃を受けると一回休み。また弱点攻撃やクリティカルを与えた側はもう一度行動可能ということで戦闘は弱点を突くことが他のゲームに比べてかなり重要になっている。

楽曲も優秀でやりこみ要素も豊富。さらに声優陣も超豪華と他の点もほとんど死角が見当たらない本作。間違いなく良ゲーといえ、万人受けする作品でしょう。日常パートでマンネリを覚えてしまうと少々辛くなりますが、それでもベッド直行を繰り返せば解決しますからまぁ問題ないかと。

総合評価は「とても良い」です。

にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村  
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村