【PS3】テイルズオブエクシリア

【PS3】テイルズオブエクシリア

テイルズ15周年記念作品の本作。

まず、目を見張るのがやはりアニメーションパートの映像面。おなじみのアニメーション演出が空の境界や劇場版Fateなどでおなじみのufortableに変更。ものすごくクオリティの高いものに仕上がっている。主題歌の浜崎あゆみも良かった。逆に非アニメの通常画面に関しては、背景はきれいなもののキャラクターなどのグラフィックが粗めな印象。背景がきれいに仕上がっている故に、余計に気になる印象が強かった。

システム周りに関しては次に何を行うかをボタン一つで表示できたりとグレイセスFにあった親切要素は今回も健在。リリアルオーブに関してもめんどくさい場合はオートで成長させてもらえるので、システム周りで不便を強いられることは少ないと思われる。一度行ったことのある町やダンジョンに一発で飛べる仕様も快適。

テイルズの肝ともいって良い戦闘だが、いつもの爽快感は健在。特に今回はリンクによってどんどん連携が繋げる所は非常に楽しいし、どのキャラも使っていて楽しい。今作から戦闘中の会話にキャラのカットインが入るようになっており、非常にテンションが上がる。

そしてなにより、控えメンバーとの交代が自由にできる所が素晴らしい。このシステムは是非今後も継承してほしいところです。しかしそこまで頻繁に出てくるものでもなく、若干空気的演出になってしまっているのでもう少しバンバン出てきてほしかったところだが、戦闘に集中したい人にとってはこれくらいで丁度いいのかもしれない。

ただ、前作グレイセスに比べると戦闘後のキャラ同士のかけ合いが少なめで、直前にグレイセスをプレイした自分にとってはやや物足りないところはあった。ただ戦闘に関してはかなり楽しめるクラスのものに仕上がっていると思う。

シナリオに関しては個人的には微妙。全体的に暗くて盛り上がりに欠けるということもあるが、なによりキャラの掘り下げが少なすぎる印象が強い。過去に色々抱えているキャラが多いので、この辺りをどうやって見せてくるかに期待していた点が大きいのだがあまり掘り下げがなされないが故に、どうしても一歩手前で見てしまう感じが否めない。

また二週目も楽しめるようにということで採用されたであろうダブル主人公という点も、正直シナリオ的にはマイナスに働いていると思う。ジュード編とミラ編の両方をやってみると特に分かる。両者の視点によって描かれるポイントが変わるのだが、当然片方のみで描かれるシーンが生まれる。そのせいでどうしてもシナリオがぶつ切りになってしまっている所が多々存在する。ローエンやレイアなど良いキャラもいたので、もう少し見せ方や構成を工夫出来たんじゃないかなというのが正直な感想。

ちょっと厳しい意見になりますがダブル主人公はやっぱり不要だったかと。ほとんど同一ルートですし、実質やはり話の本筋はジュード目線で進行していくのでミラ編だけプレイすると多分置いてけぼりになると思われますし。

特に不満だったところは2つ。まず武器屋や道具屋について。そしてもうひとつは町の人など全員に対して話しかけられないという点とどこも同じ風景の海溝。、前者については自分で素材やガルドを納めて店を育てて行く仕様であるが、そのせいでどこの店も同じというまさかの仕様。

新しい町に行った時に武器屋や道具屋で新しいアイテムを購入するのがRPGの楽しみの一つであると個人的には考えているので、その楽しみが奪われたと言う点では非常に残念。後者もほぼ同様の理由。

15周年記念作品と銘打った割には手抜き感を感じ得ない作りで、シナリオもひたすら平坦で微妙というのが正直な感想。しかし、そのマイナス面を補うほどの戦闘の楽しさは健在。

テイルズの核は戦闘にあると個人的には考えていますので、全体的な評価としては良いとさせていただきます。一週目はジュード、二週目はミラという選択がおススメです。

にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村  
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村