【XBOX360】スターオーシャン4 THE LAST HOPE

【XBOX360】スターオーシャン4 THE LAST HOPE

スターオーシャンシリーズの最新作にして4作目の本作。なんとディスク3枚組という仕様。

今回はXbox360からの発売ということで、まず目を見張るポイントはやはり映像。周囲のグラフィックや建造物の綺麗さはさすがの一言。広いフィールドを丁寧に作りこんでいるところは良い仕事をしていると評価されるべきでしょう。

しかし、そのフィールドが無駄に広い…。ダッシュがあるものの、さすがに移動時間が長くて萎えてしまったことが何度か…。グラフィックのレベルの高さを効果的に見せるためか、ムービーは多め。おそらくこれからのゲームはムービーの長さが伸びていくのでしょうが、今作みたいにスキップ機能がついてるとうれしいですね。しかもご丁寧にあらすじを出してくれる所は、ほかのゲームにもまねしてほしいです。けど、なぜここまでグラフィックが良くてキャラの表情のパターンが異様に少ないのか。そこが残念な点。

戦闘はこれが半端なく良かったです。新システムのサイトアウトやラッシュなどを取り入れたド派手でスピーディなバトルは爽快感抜群。また前回の3でもあったように入手FOLボーナスや経験値アップなどのボーナスが多くあるのもうれしい限り。敵の強さも強すぎず、弱すぎずで歯ごたえがあるレベルです。一番退屈しないレベルで難易度はちょうどいいレベルと言えるでしょう。んで戦闘の不満点を言うとずばりターゲット。接近しないと任意のターゲットを指定できないので、遠距離型のキャラを使っている時はやりにくくてしょうがないです。しかし、全体的に戦闘は高次元でまとまっていると思います。

そしてシナリオなんですが、これがなんとも微妙。掘り下げ不足というか、いまいちキャラに感情移入しづらい傾向があります。(他のゲームに比べて)頻繁に使われるキーワード「仲間」。

さらっと絡んだだけで、仲間だなんだと言われましても逆に誰でもいいような印象を受けてしまいます。セリフ一言一言が安っぽいと感じてしまう人も多いかもしれません。本当に序盤とラストぐらいしかシナリオとしては盛り上がりというか期待を感じなかったのが本音。キャラクターは全体的に濃いというか異様。男性陣は問題ないんですが、問題は女性陣。レイミとミュリアは普通ですがロリ、ロリ猫、ハネ女…。合わない人には本当に合わないと思います。個人的にはサラが特に。シナリオは並のゲーム以下と言わざるを得ませんね。

ただ、スターオーシャンといえばやりこみのゲーム。今回も隠しダンジョンやアイテムクリエイションに加えてクエストなどやりこみ要素は相変わらず膨大。ラスボスを倒し終わってからがこのゲームの真価が発揮されるかと。現在やりこみ要素を攻略中なのですが、これが楽しい。

ロード時間の短さや、細部まで作りこまれたグラフィックにシステムなど制作サイド側のすごい努力が感じられる作品ではあるのですが、すこし致命的な改善点がチラホラしてしまった今回。ただシリーズが持つ長所は生かし切った作品だとは思います。総合評価は「良い」。しかし人によっては悪い系の評価になるかもしれないぐらい、微妙なレベル。シリーズファンならばといったところでしょうかねぇ。ただちょっと期待しすぎたかなぁって感じです。ちょっと拍子抜け。

ちなみに風の噂によると、フリーズするなどのバグが多いと聞きましたが自分は1度も無かったです。コントローラーの接続が外れてムービーが止まったことならありましたけど。

にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村  
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村