【アニメ感想】機動戦士ガンダム第08MS小隊

【アニメ感想】機動戦士ガンダム第08MS小隊

個人的にはガンダムシリーズでも相当好きな作品です。

設定は一年戦争中のファーストガンダムの外伝的立ち位置で、地上戦がメインの本作。テーマはずばり「純愛」といえる本作は、主人公シローとジオンのパイロットのアイナが戦場で愛を育むことを話の軸に物語が進み、他のガンダムシリーズに比べてリアルな兵器として扱われるMSや、戦争に善悪を一概に決めつけるということは難しいことなどが見どころです。

OVAということからか、MSの描写など作画面としてはかなり良質な出来です。またサウンド面も良質なものばかりで、文句なしです。特にオープニングテーマとエンディングテーマはお気に入りですね。

肝心の内容は実にリアルと言えるでしょう。他のガンダムシリーズだと基本的にMSのスペックが高性能であることがほとんどですが、今作のガンダムは高性能と言えるスペックとは言えません。(アッガイとかにやられそうになるぐらいですし)かといってパイロットがニュータイプだの、特別特化しているわけではないということで、本当の意味での戦場のリアルさが体感できる。

MSが壊れても新機体の登場は無く、修理して使用するところもリアル。(ジムヘッドやEz-8も修理機体です)ただそんな設定であるがゆえにアプサラスの存在は少し異様とも言えます。

シローとアイナの純愛がメインですが、そこに立ちはだかる軍の上層部。ふつうは主人公の側が美化されがちですが、今作ではそういうことはなく、実際はどっちもどっちでいいも悪いもないことが推し量れます。そういうことを通して戦争の矛盾していて不条理な点を良く描けていると思います。

特にお勧めの回は「震える山(前編)」です。非常に人気のある回ですが、人気があるだけあり、ノリスの鬼人のような強さ、カッコよさが光る回です。文字通り震える…

戦場は常にギリギリ状態の戦いであって、リアルロボットといわれるガンダムシリーズの中で0080に並ぶぐらいリアリティを持った作品で、戦争の不条理さが良く描けた良い作品と言えるでしょう。

総合評価は「とても良い」です。

にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村  
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村