iPhone11とiPhone11 pro 買うならどっち

iPhone11とiPhone11 pro 買うならどっち

2019年新型iPhoneが発表されました。

2019年9月20日から発売になりますが、今回のiPhone11とiPhone11Proを比較してみたいと思います。

画像:iphoneのモデルを比較する

iPhone11とiPhone11Proのスペックを比べてみましょう。

iPhone 11
iPhone 11 Pro iPhone 11 Pro Max
初出価格(64GB) 7万4800円 10万6800円 11万9800円
プロセッサ A13 Bionic A13 Bionic A13 Bionic
システムメモリ容量 不明 不明 不明
ストレージ容量 64/128/256GB 64/256/512GB 64/256/512GB
本体高さ 150.9mm 144.0mm 158.0mm
本体幅 75.7mm 71.4mm 77.8mm
本体厚さ 8.3mm 8.1mm 8.1mm
本体重さ 194g 188g 226g
画面サイズ 6.1インチ 5.8インチ 6.5インチ
画面解像度 1792×828 2436×1125 2688×1242
3D Touch 非対応 非対応 非対応
防水性能 2mで30分 4mで30分 4mで30分
超広角カメラ f/2.4 12MP f/2.4 12MP f/2.4 12MP
広角カメラ f/1.8 12MP OIS f/1.8 12MP OIS f/1.8 12MP OIS
望遠カメラ 非搭載 f/2.0 12MP OIS f/2.0 12MP OIS
インカメラ f/2.2 12MP f/2.2 12MP f/2.2 12MP
Wi-Fi 11ax Wi-Fi 6 11ax Wi-Fi 6 11ax Wi-Fi 6
超広帯域チップ 搭載 搭載 搭載
連続ビデオ再生 17時間 18時間 20時間

「iPhone 11」は今年の3モデル中、もっとも安い普及版モデル。対する「iPhone 11 Pro」の2モデルは、高性能なハイエンドモデルという位置づけのようです。従来の「iPhone XR」と「iPhone 8」が現行モデルとしてラインナップに残るので、価格帯としてはその二つがさらに安い廉価版というような位置づけになりそうですね、値下げするみたいですし。

大きさを見てみると、「iPhone XR」と同サイズで「iPhone 11」とが6.1インチ。「iPhone 11 Pro」の2モデルは前モデルより若干大きくなって重量も重くなってます。呼び名でProを入れてきたのは何気にiPhoneでは初なんですよね。

画面のサイズや解像度は、「iPhone 11」シリーズに共通して言えることですが、従来のシリーズと変わらず。Proに関しては有機ELを搭載することで、輝度やコントラストなどが向上しているみたいです。このあたりに期待している人は今回は有機EL搭載型のProを買うのがいいかもしれないですね。

そしてなによりProシリーズのトリプルカメラが今回の目玉ですね。見た目はさておき、広角レンズとズーム撮影でも画質が大劣化しない光学2倍ズームに対応した望遠レンズに加えて、2倍のズームアウトが可能な超広角レンズが追加されました。特にカメラにこだわる人に関しては十分検討してもいい気がします。ただ、やっぱりボトムズにしか見えないんですよねぇ…。いっそ赤いレッドショルダーケースとか出してくれたら、私も入替検討するんですけど…。

 

2.一体どちらが買い?

今回のスペック面で見ると全体的に能力向上がされている様子です(かなり地味ですが)。

カメラ面を重視される方は文句なしにProシリーズを検討されるのがいいのではないでしょうか。ただ価格面が相も変わらずお高いですので、そこまでこだわりがないのであればiPhone11でも十分なスペックなように感じています。思ったより価格を抑えてくれたのはポイントが高いですね。iPhoneXSよりも価格が抑えられているのは、今回11をなんとか売っていきたいという思いがあるように感じます。

とはいえProの値段はMacBook Pro並の値段になっています(冷静になると)。そういったところを考えるとよっぽどカメラにこだわりを持っている人か、ガジェットオタクに焦点を絞ってきているのかもしれません。

 

反対に今回は見送ってもいいかなと思うのは、ホームボタンやType-C対応を願っていた人です。また、全体的な機能向上はしているものの、目立った新機能は今回ないので、8やⅩシリーズで満足しているという方は正直見送ってもいいように感じています。A12チップでも正直優秀すぎて持て余している感じもありますしね…